外壁の赤外線調査とは?

Takao プランニング株式会社
Takaoプランニング(株)のホームページは移転しました。

下記をクリックして頂けますと新しいホームページにジャンプ致します。

外壁の赤外線調査や打診調査ならTakaoプランニング(株)へ

外壁調査における赤外線調査(赤外線サーモグラフィ法)とは・・・

平成20年4月1日から建築基準法に基づく定期報告精度が変更になりました。

特殊建築物等は竣工、外壁改修などから10年を経てから最初の定期調査時の際、

及び10年毎の定期調査時に外壁タイルなどの全面打診等による浮きの調査が必要に

なりました。この全面打診等の(等)が現在では主に赤外線調査(赤外線法)を指しています。

外壁調査の方法には主に打診棒にて壁面を叩いた反響音や手の感触から浮きを判定する

打診法が主流でしたが、ビルなどの外壁の全面を打診するとなると、どうしても足場組や

ゴンドラの設置、高所作業車からの打診が必要となり、調査にかかる費用を押し上げる

大きな要因となります。

特殊建築物定期調査での外壁調査で外壁タイルなどの浮きの調査・診断を赤外線カメラで

撮影し、解析をする赤外線調査(赤外線サーモグラフィ法)ですと、足場組やゴンドラ設置に

要するコストが不要となりますので、調査費用(コスト)を大きく抑えることが可能となります。

また打診法の時の「コンコン」といった、中にいる人たちにとっては気になる 叩き音も発生せず、

環境にも優しい方法と言えます。

外壁の赤外線調査で使用する赤外線カメラは・・・

Takaoプランニングで外壁調査時に使用する赤外線カメラは、FLIR社製の600シリーズで、

現在市販されているハンディタイプの赤外線カメラでは最高画素数(約30万画素)です。

※FLIR社の赤外線カメラは、世界で使用されている赤外線カメラの約60%のシェアを占めています。

 ▲ページトップへ

Copyright (C)2010 Takaoプランニング株式会社(大阪・東京),All right reserved
TOPページ
     このホームページは著作物存在の事実証明を発行しております。弊社ホームページのタイトル、説明文、

     写真及び文章等を無断で引用・転用された場合、著作権の侵害で法的手段の行使を取らせて頂きます。

     2011年7月1日 Takaoプランニング株式会社 高雄龍太郎